キラキラ光る銀河の中

ゆるおた俳優厨

初めに

当ブログについて

二次元オタク兼俳優厨の20代女がつらつら思うことを吐き出しているだけの自己中すぎるブログです。いや、美容とかいろいろな悩みも抱えてるのでそれについても書きます。

 

以前の推しにガッツしすぎて燃え尽きたため現在ゆるおた化しました。ガッツな人のブログはよく目にするけど、私くらいのゆるおたさんの暇つぶしになればなぁと思っています。

 

 

推しについて

飽きっぽい性格なのでこの10年ほどで3人ほど推しが変わってます。基本的に燃え尽きたら降ります。また推している際は一途なので2推しが出来たりはしません。

 

現在の推しは応援し始めて1年が経ちました。推しのことは知ってほしいけど、私が推していることは知られたくない面倒な性格なので、推しの名前が登場することはないです。でもきっと読んでいたらわかるかも。

2.5における俳優のキャラ私物化とツイート

こちらのブログで言及されている話題が、恐らく私にはあまりにもタイムリーでした(違っていたらすみません)。

oow99.hatenablog.com

 

peachteamomo.hatenablog.com

 

 いやほんとに全力で頷くレベルで同意なんですよ。初演からずっと、彼らのなりきりツイートは酷いです。言い方が悪いですけど身内ノリという言葉がしっくりくる感じ。千秋楽後もロスだのなんだので突然キャラ口調でツイートしたりリプし合ったり、本当に気持ち悪かったです。自分のキャラのトレブロ交換に出さないで(泣)みたいなことを言い放った役者もいて、これぞまさに私物化だなと感じました。後述しますが、私物化や腐媚のせいで最悪な思いをした経験があるのでいい加減にしてほしい。他にも二次元オタクが「今日誕生日なので、○○口調でお祝いしてください」というリプを俳優に送りつけたのに対し、その要望通り応えていたのを見た時は正直ドン引きしました。それ俳優の仕事じゃないでしょ???

 


 きっと彼らにはっきりと私物化しているという意識はないのだろうけど、最近の2.5の傾向がそうさせている気もします。
2014年くらいまでずっと公式以外で俳優がキャラ姿の写真をアップするのが禁止されている舞台で育ってきた私にとって、最近?というかそれ以降の2.5作品に出演している役者がキャラのまま写真をTwitterにアップしていること自体が当時は衝撃でした。著作権上、それまでキャラの格好をしたリアルタイムのキャストは公式からの供給でしか見れないという認識だったので、最近の2.5はだいぶ寛容になったんだなぁという印象を抱きました。同時に、Twitterという文化もあって役者(キャラ)とそのファンとの距離が近づきすぎた気もしました。

 

そのせいもあるのかここ数年で2.5に足を踏み入れる二次元オタクの方はかなり増えたと思います。某舞台が初めての舞台観劇っていう方をどれだけ見たことか。Twitterのプロフィールに推し俳優書き連ねてるけど全部その某舞台に出た若俳ばっかりじゃねーか!話が逸れましたが、二次元オタクが前よりも2.5という舞台に関心を示すようになったことで、俳優にはより一層原作ファンを喜ばせなきゃという意識が生まれたのではないかと思います。まぁそのやり方がちょっと違うんじゃないのっていうのが問題ですよね。あとはとにかく話題になってたくさんらぶりつ貰ってきもちいー!!っていう麻薬効果。公演期間でもないのに突然キャラ口調でつぶやき出すのはぶっちゃけ喜ばす云々よりもこっちだと思っています。これはもう容赦なくぶん殴りたい。キャラを使って承認欲求を満たす俳優は嫌いです。

 


 そもそも、以前Twitterで問題になった「俳優目当てで来る人は原作(二次元)ファンに譲って」発言があったじゃないですか。あれって逆に「原作(二次元)目当てで来る人は俳優ファンに譲って」と言い換えることも可能で、つまりは悲しいかな互いの意思や気持ちを理解できない方たちが存在するということです。「俳優オタクと二次元オタクはわかりあえるのか」という学級会は既に開かれていると思いますが、開かれているということは何かしら問題や話題になったからで、つまり二極化されているオタクは相容れないものだと私は考えています。

 

俳優のなりきりツイートが時にウン万超えでリツイートされ、俳優や舞台には興味がない二次元オタクまでもがそれに沸いているのを見ると、なりきりツイートがなくならないのも正直わかります。盲目でそのキャラにしか見えないよデュフフな俳優=キャラな二次元オタクには、本来役者がする必要のないTwitter上での”なりきり”が当たり前すぎて、私物化と捉えることが出来ないのだと思います。そんなオタクがたくさん俳優に沸いたリプを送りつけるから俳優もつけあがるんですよ(言い方悪い)。

 


 私は二次元オタクでも俳優オタクでもありますが、そんなに二次元オタクを囲ってこの先やっていけるのか?と思っています。その時だけだし、境界線のわからない二次元オタクによって嫌な気持ちにさせられる俳優オタクもいるのです。もちろん逆も然りですけどね。
2.5というのはあまりにも罪深いコンテンツだなと思います。その場限りのファンがとてつもなく多くてしかも声だけはやたら大きい。所詮若手俳優も人間なので、全てを振り切るということも難しい。

 

俳優とそれに関わる全オタクがみんなハッピーになることって、2.5に出ている限りは一生ないと思います。悲しい。

 

 

 

 

以下、俳優のキャラ私物化や腐媚のせいで最悪な思いをした経験です。

 

 私は腐が苦手ということもあって、役者の腐媚が何よりも許せません。とある俳優が自分の役の私物化が酷い上に、私の推しくんが演じたキャラとの腐媚を散々やってきました(推しくんは一切やらなかった)。その結果、公演が終わったあとの推しくんのライブ配信に彼がゲストで来た際、コメント欄がそのキャラのカップリング好きオタクによって埋め尽くされたのです。吐きそうでした。腐が嫌い以前に、その舞台以外の話も聞きたかったのにコメントのせいで俳優ファンは完全に蚊帳の外状態だったことが許せませんでした。推しくんがそんなコメントを全部無視していろいろな話をしたり、その俳優が投げた腐媚も拒否してくれたのが何よりもの救いでした。推しくんできる子(ちょろい)。とまぁあまりにも酷かったので怒りのお手紙を出そうとルーズリーフ8枚分くらいになったところで我に返って捨てました。彼のファンの誰かが言ってくれているだろうと思いまして。最近は音沙汰ないので誰かが言ってくれたのかなー!!

あんステ観に行ってきました

 こんにちは。他の方々が言及されているブログのグループについていろいろと私も考えてはいるのですが、今回は若手俳優が多数出演しているあんステについての感想なので一先ずこちらのグループに投稿させていただきます。

 

 さて、ついに私の今年最大の期待値であった舞台「あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ~Knights of Judge~」を観劇してきました。初日に盛大な本人確認をして話題となったあんステですが、まぁそれはさておき結論としてはかなり良い舞台だと思います。KnightsPなのでかなり贔屓目に見ていますが、とにかく私は大満足でした。チケットの先行発売のほとんどが1限ということもあってか、初演とTYMに比べるとお一人様が多いので客席の盛り上がりに欠けた気はしましたけど(笑)でもストーリー的にも結構重めなお話なのでそれはそれで問題ないかな。

 

 そもそも今回はアプリ内のイベントストーリーである「反逆!王の騎行(ジャッジメント)」を題材としたスピンオフ作品であり、私の推しである朱桜司がメインとなってユニットのリーダーである月永レオと決闘するお話です。ジャッジやるよ!と発表された時は相当思い切ったことするなぁと感じました。私自身このお話は大好きで、当時このイベントが終わった後から本格的にあんスタを始めた*1ので、このイベントに参加できなかった悔しさが半端なく余計に思い入れが強いです。あと当時は最高ボーダーでひたすらに札と札の殴り合いだったイベントと聞くので、そういう意味でもとにかくファンからの支持が高いです。これ俳優は相当なプレッシャーだったろう。私もかなり期待しているぞ!!(意訳)という内容のお手紙を北川君に出しました。たぶん怖いよねごめんな。オタクの悪い癖ってわかっているけど、ビジュアルの時点で私の期待は大気圏を突破していたんだ。

 

 前置きがやたら長くなりましたが、以下ざっくばらんとっちらかりまくった感想です。

※ネタバレを含みますのでご注意下さい。

 

 

Knightsは紛れもない騎士道ユニットだった

 最初にオリジナル曲があるのですが、ザ・騎士道ユニットという感じの対お姫様な曲でこの時点で泣きました(早い)。だってあのKnightsがようやく揃ってパフォーマンスをしているんですよ。彼らの曲って「貴女」とか「お姫様」とかあって、柔らかく優しい二人称がとにかく似合う。

 

 所作がみんなものすごい気品あるんですよ。カテコの時も普通に立っているのではなくて片足を気持ち後ろにして立っていたし、お辞儀もいちいち丁寧で綺麗。足先指先まで意識しているんだなぁと感激しました。

 

推しがご本人だった

 まずは司を演じる北川尚弥君の紹介をさせて下さい。

ジュノンのファイナリスト

年齢:21歳 わけぇ!!

出演作:テニミュ3rdシーズン、コルステ、スタミュBRAVE10

特技:射的、書道(6段)

キャラ=俳優という考えは好きではないけど、書道が得意というところに御曹司みを感じてしまいました。キャスト発表のあった6月に比べみるみる内に肌が黒くなっていったのが面白いです。夏休みでたくさん遊んだのかな(笑)司に影響出ないか心配でしたが、気にならなかったので良かったです。

 

 そんな北川君の司は表情スタイル立ち姿シルエット仕草振る舞い全て文句の付けどころがなかったです。ビジュアル発表の時点で泣きそうになるくらいにはぴったりだと思っていたので、生で観た瞬間期待の裏切らなさに感動した。英語の発音に関しては声優ご本人よりも上手いのでは?「Knights Killers」と「Pandora」の発音良すぎて客席からクスクスと小さな笑い声が起きました。わかる私も笑った。

 

 歌もなかなか良いです。パンフレットの対談で

高崎君「司くんの声優さん、すごく歌うまいよね!?」

北川君「プレッシャー……」

とあったけど大丈夫だよ!!最高だよ!!!!!落ち着いた歌声が優しくて騎士道ユニットにぴったりで、声優さんとは違った良さがあります。

 

 ダンスについては私があまりにも下手じゃない限りわからない目の持ち主なので言及できませんが、「Voice of Sword」でレオが原因で集中できずもたもたしているの可愛すぎた。司がまだまだ未熟だということが印象付けられるシーンでしたが、同時に後半に向けて北川君の演技がどう化けていくのかという楽しみを与えられました。

 

 一幕終わりに桃李(星元君)と睨み合う姿を見ることができます。司と桃李は小動物的なので睨み合うにしても普通に正面でキッと見つめ合う程度だと思っていたのですが、甘かったです。互いの姿を見つけた二人は、歩み寄って近づけた顔を左右に軽く揺らして睨み合うという不良のような挑発をしていました。そうなんだよ司ってそういう性格なんだよ~。

 

推しのみんな~!彼は存在していたよ~!!!!!

 

橋本君のレオが120%

 もともとキャスト発表がある前から、レオをやるなら橋本君がぴったりなんじゃないかと思っていたので見た目はとにかく文句がない程にそっくりです。ただ原作のレオの声を想像していくと、そのそっくりな見た目とのギャップにびっくりします(笑)喉潰さないか心配です。かなりはちゃめちゃに動き回って喋り続けています。

最前のお客さんの前で高速うっちゅ~☆する姿最高に可愛い!!

 

らびっつめっちゃ心がぴょんぴょんする

 らびおじのみんな!!!1010へ急ぐんだ!!!!(遺言)

 

紅月のかっこよさに磨きがかかっている

 「斬-決意ノ刃-」の振付を考えたのどなたですかね?あの振付と和の融合が素晴らしすぎる。めちゃくちゃかっこいい!!あんステの中でもなかなか難易度の高い踊りだったのではないでしょうか。

 「百花繚乱、紅夜」は初演とTYMだと合いの手の部分をお客さんもちゃんと入れていたと思うのですが、静かでした。あれ???お一人様の弊害かな悲しい。UNDEADがいない今作でこの百花繚乱が唯一客が声を出せる曲だと思ったのに残念でした。私の周りが静かだっただけなのかな。

 

fine眩しい

 TYMの時もfineは完成度高いなと思いましたが、今回も健在です。やっぱりヴァイオリンのオケがあると良いですね。黄色と白のペンラもものすごい綺麗です!あんまりこの二色のペンラが交じり合う光景を今まで見たことがなく、一人で感動していました(笑)ただあんステは前方ブロックでしか入ったことがないので、2階席から見たらもっと綺麗だろうなと思います。

 ずーーーーーっと思っていたけどとりあえず英智のウィッグどうにかしてあげて!!!!TYMで一瞬良くなったか?と思った時があったのですが、どうやら違ったようです。なんであんなに前髪のMが深いんだ…。

 

弓道部でてきた

 推し弓道着姿を拝めるなんて聞いてない!!弓道着をちゃんと観察したことなんてこの人生で一度としてなかったのですが、あんなにも腰がきゅって締まっている作りなのですね。北川君の腰細すぎてびびる。

 

凛月(荒牧君)vs英智(前山君)の対決は必見

 凛月は歌うといつものゆるっとした雰囲気とのギャップがあるのはユニソンでわかっていましたが、動いてパフォーマンスをしている姿というのは原作では見ることができません。ですが今回、荒牧君によってめちゃくちゃかっこ良く動いてパフォーマンスする凛月の姿を見ることができます。これすごいよ本当に。末っ子のためKnightsのためにと本気を出して全身全霊で動く荒牧君の本気凛月は絶対に見た方がいいです。体を片手で持ち上げて階段から降りる姿が、華麗で力強くて好き。

 凛月と英智の対決直前に

泉(高崎君)、嵐(北村君)vs紅郎(上田君)、なずな(大崎君)

泉、嵐vs英智

の対決があってどの対決でもオリジナル曲があるのですが、ここは恐らく口パクだと思います。泉と嵐と英智は立て続けに対決するのでさすがに生は厳しかったのかな。正直言えばそこも完璧にこなしてほしかったけど、動きも歌もボロボロになるくらいならそれでいいのかもしれません。

 

ラストの大将対決、レオvs司

 それまでの対決を見てKnightsの先輩達に大事にされていると気付いた司ですが、北川君の声の張りが堂々としていて艶やかで序盤と比べて随分と化けてくれました。レオの弱い部分を見た司が一生懸命Knightsを守ろうと説く姿は感涙もの。

ジャッジ衣装は司が王様ということでマントの長さが一人だけ長いのですが、それがひらひらと舞う姿は本当にかっこいいです。「Repeat after meーー」とイベスト最後の台詞を一字一句違わず言ってくれて本当によかった!”Re”にめちゃくちゃ力込めて言ってた。

ラストの暗転前にレオと向かい合った時のシルエットと表情がさいこーーーーーーーにかっこよかったです!!なんだあれ!!暗転中に「んう」って変な声出た。

 

Knightsメドレーで無事死亡

 記憶が曖昧ですが、

Fight for Judge

Voice of Sword

Checkmate Knights

の順で歌っていたかな?

「Fight for Judge」は前奏がものすごいかっこいいので流れるだけで滾ります。そして振付かっこいい~!!!Knightsがめちゃくちゃ踊っているよ~!!!個人的にはCメロ歌ってくれなかったのがすごく残念!今回他ユニ含めかなり曲数あるので時間の都合のせいかフルで歌った曲は皆無です。詰め込み過ぎだよマベ。

 

 KnightsPの涙腺をバキバキに壊す「Checkmate Knights」は無事に私の涙腺もぶっ壊してくれました。オタクってすぐ泣く~~~~。実を言うと私がはっきりと意識して原作の司の声を聞いたのが最初の「Stage-ボード-の上を滑るようにDance」というパートで、この声に落ちたと言っても過言ではないくらいに好きなので、これを北川君で聞いた瞬間いろいろ込み上げて泣きました。ここの歌い方すごく上手だったんだ…。”Dance”が最高なんだけど語彙力なさすぎて上手く伝えられない悔しい!!!

最後の伴奏で彼らが手を左右にゆっくりと振るのですが(お客さんも同じ動きでペンラ振ってた)、2年前にあんスタカラ鉄コラボルームに友達と行ってこの曲を歌っていたときに「ライブとかやったらここで手を左右に振ってお別れするんだろうね(泣)」と語っていたことがあり、本当にその通りで帰ってから笑いました。

 

 

 シンギンシャインはただただ司が可愛かったという事しか覚えていません(笑)残念ながら逆サイドに降りてしまったけれど、推しが舞台の上に存在してくれただけで幸せで感謝しかなかったので全然平気でした。

気付いたのですが、俳優の推しだと逆サイに降りられるとこれでもかというくらいに萎えてその日の公演自体が最悪だったみたいな錯覚に陥るのですが、二次元の推し目当てに行くと客降りが没ってもダメージないようです(笑)きっと俳優の推しの場合はどうしてもそのキャラを演じている推しくん!という気持ちが抜けないからでしょうね。キャラでなく推しくんに気付いてもらいたい願望が強すぎる。

 

最後に

 あんステは初演とTYMも観劇していますが、脚本と演出があまり好きではなく、残念だなぁという印象が強かったです。突然わけわからない流れでライブをし出すし、正直パフォーマンスが不安定すぎる俳優もちらほら。だから今回のスピンオフであるJoKが決まった際も最初は正直うーんと首をかしげました。KnightsPとしてはあの高貴なユニットが汚されるのではないかと不安で、キャスト発表もひたすらに怖くて知りたいけど知りたくないという拗らせオタクになっていました。司自体は未熟な一年生なのでベテランよりもまだまだ舞台経験の少ない若い子に演じてほしく、北川君と聞いた時にまず一安心。そしてビジュアルが出た瞬間に司推しとしては一安心どころかものすごく期待するようになって、彼だけでなくKnightsはその期待を裏切らない演技を見せてくれました。私は顔は可愛いけどかっこいい言動をするキャラが大好物なのですが、北川君の司はまさしくそれでした。女性のコスプレではやっぱり出せない男性特有の体つきもそうだし、ジャッジでレオに決闘を申し込み自己紹介をする姿は本当にかっこよかったです。ただ、もうちょっと生意気さがあったらより良かったかな~と思います。

 

 突然わけわからない流れでライブをし出すのは健在です。何故あんステのアイドル達は唐突にライブをやるのか?ジャッジのそれぞれの対決のような時に歌ったりするのはわかるのですが、ライブとなるとちゃんとした流れがないとどうしても違和感があります。ミュージカルですらそんなことしないのに。ライブをやりたいのなら、ドルステのように2部にライブパートを設ければいいのにと毎回感じています。私のようなストーリーを知っている原作ファンはまだいいですが、知らない方はあの流れのせいで話が繋がらず入ってこないのでは?この点は本当にどうにかしてほしいです。まぁ次回作でどうにかなっている確率はほぼ0だと思います。本当に残念!!

 

 

 

いろいろ書きましたが、とにかく私の推しが存在してくれていたことが嬉しくてたまりません。北川君には感謝しかなく、たぶんきっと2.5の中で一番私の理想を演じてくれた子です。ありがと~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!来週また行くからプレゼント贈ります!!!!!

 

*1:事前登録組でしたが飽きて途中でアンスコした(泣)

カバンの中身

なんかいろいろ恥ずかしいし身バレの可能性も有りますが、気になっていたので紹介していこうと思います!

 

f:id:zponpon:20170828220024j:plain

 

1.財布

バーバリーのお財布です。大学入学時に母から貰いました。そのせいもあってなかなか買い換えられません。色も形も使い勝手も気に入っているので…。

カード類が多くて小銭入れも持っていないので常に激重です。

 

2.司ポーチ

完全に趣味というかオタクがバレるやつ。家の鍵を入れています。たまにリップとか。赤くてすごく目立つので、鍵が見つからずに玄関前でイライラすることがないのですごく助かっています。いつもありがとう大好き。

余談ですがオタク系のグッズはこれだけしか持ち歩きません。部屋には大量にグッズがありますが、持ち出して汚れたり落としたりするのが怖い。

 

3.パスケース

雑誌Sweetの付録です。ただ、雑誌は不要だったので付録のみメルカリで購入しました。snidel可愛い。

数か月前に買ったサマンサの鞄には専用のパスケースがついているので、その鞄を使用する以外はこのパスケースに入れています。

 

4.iPod

一人でいる時は音楽がないと居てもたってもいられないので必需品です。

 

中学時代に第2世代を買ってもらって以来大学まで使い続けていたのですが、さすがにバッテリーが逝ってフル充電しても1曲しか聞けないレベルでした(笑)それからiPhoneも持ち始めたせいもあって第2世代は引き出しの奥底に眠っていたのですが、Appleが第2世代をリコールしていることを知って2年くらい前にこのiPodに交換してもらいました。今もやっているのかは不明です。

中学時代に買った2GB()のiPodが最新世代の16GBになって返ってくるなんて胸アツでした。

 

最近は専らあんスタのKnightsのユニソン聞いています。

 

5.手帳

確かハンズで買ったやつかな?大人な色でお気に入りです。

日記も書けるのですが、本当にそういうの向いていないので三日坊主に終わりました。ただ特別なことがあった日や推しくんの現場があった日はちゃんと書くようにしています。

後述しますがチケットホルダーを持ち歩かないので、チケットや推しくんへのお手紙、ブロマイド諸々手帳に挟んであります。

 

6.ポーチ

しまむらで買ったマイメロポーチです。しまむら可愛いポーチたくさんあって本当に侮れないですよね。

とにかくいろいろ入っています。化粧品やお泊りセットナプキン綿棒などなど。中身は後ほど。

 

7.充電器

ちょうど良いマイメロのポーチ?があったのでこれに入れてます。いつもiPodは鞄のポケットに入れているのですが、気分が向いたらこの中に入れたりもします。そんな気分は自分でもよくわかりません(笑)

 

8.日傘

夏はこれがないと死ぬ。割とマジで死ぬ。

肌が弱いので日焼け防止のためももちろんあるのですが、それ以前に髪の毛量が多いので日を遮断しないと髪の内部が半端なく熱くなって倒れます。体は涼しいのに髪の中だけが熱くて気分が悪くなることも多いので夏場以外でも注意が必要。

 

日焼け止めはどうも香りが嫌いなのであまりつけません。だから意地でも日陰を歩いて、なるべく日が落ちてから遊んだりします(笑)

 

9.ハンカチ、タオル

大体はご当地キティちゃんのハンカチです。お土産に買ってきてもらったり自分で買ったり、地味に集めています。

当たり前ですがたまに観劇中に咳が出たりもするので、膝の上に必ず置いておかないと落ち着きません。

 

10.iPhone6S

この写真を撮っているスマホ。初めて買ったのが4Sだったのでタイミング的に毎回マイナーチェンジ版に機種変しています。そろそろ2年契約が終わりますが、機種変するつもりはないのでこのまま使い続けるかなーって感じです。

 

 

 

一先ず会社にも推しの現場にも必ず持っていくものはこんな感じです。

 

 チケットホルダーについてですが、私はよく物を失くしたり忘れたりするのでチケットホルダーに全部のチケットを入れておくと非常に危険です。落としたら全てのチケットが消滅したことになるし、鞄を変えた時に入れ替えるのを忘れることも頻繁にありすぎるので、基本的にはその日のチケットだけを持っていきます。だから私の鞄にはコンビニの味気ない封筒がぐしゃっと入っています。

家には保管用にチケットホルダーがありますが、どれもパンパンです(笑)

 

 ゆるおたとなった今では双眼鏡も使わなくなりました。さっき部屋を片付けていた際に発見してその存在を思い出したレベルです。ガッツ時代は推しのどんな表情も見逃したくないっていう気持ちがあったのですが(というよりテニスはベンチワークのネタが多すぎて気が抜けない)、今の推しくんに対してはあまりそういう気持ちがないので双眼鏡は必要ありません。でも、こうやって思い出したのを機に次回の舞台で使用してみようかなーと思っています。今の推しくんを双眼鏡で覗いたことがないので、きっと綺麗な顔にびびる。なんか変な扉開いてしまいそう。

 

 

 さて、化粧ポーチは家用と外出用(上記6.)に分けています。家では友人から誕プレで頂いたCocoonistのポーチにいろいろ入れています。以前はこれを外出用に使用していました。口が大きいのでとても重宝しています。

f:id:zponpon:20170828220101j:plain

 

f:id:zponpon:20170828220130j:plain

これが家用と外出用に入れている大体の中身です。仕事はいつも薄化粧なのでポーチも軽いですが、推しくんの現場がある日は仕事終わりに化粧を濃くするのでパンパンになります。薄化粧でも映える顔立ちに生まれたかった(切実)

 

 

とりあえず、こんな感じ!!終わり!!(雑)

 

 

 はてぶろの皆さんもお勧めされているチケットホルダーが気になっています!!持ち歩かない主義だったけど、せっかくなので買ってみようかな。今後の現場のチケットがたくさん入っていると眺めるだけで幸せになれますよね。モチベもあがるかなー!

 

なんか、皆さんの鞄の中身見ただけで自分が整理上手で女子力上がった気になりました。そんなことはないのにあぶねーあぶねー。

モチベの上下がしんどい

 こんにちは。みなさんオタクライフいかがお過ごしでしょうか。私は推しくんの舞台の真っただ中で絶賛情緒不安定中です。普通の舞台ならたぶん平和にいられるのだけど、今回舞台というよりはライブなのでファンサによって一喜一憂が激しいです。

 

 

 基本的に次の現場までの期間が空くと、ゆるおたの私は二次元の世界に飛んだりリア友と遊んだりで推しくんへのモチベは下がります。Twitterもちょろっと見てとりあえずハートつけるのみ。もちろん舞台にはちゃんと足を運ぶしプレも渡すのですが、直前まではとにかく行くのが億劫になります。家に引き籠りたいマンへと進化。しかし初日にすさまじいファンサを貰うとモチベは急激に上がります。ちゃんと来てよかった!!生きててよかった!!この時点で私の頭の中は推しくんだけしか考えられなくなって、副業探して全財産を推しくんに注ぎ込もうという危ない思考回路が出来上がります。推しくんはとてもよく出来た子なので、公演前の私のモチベが下がっていてなんなら「推しくん降りてしまおうかな」とかいう最低な考えをしている時に限って(しかもだいたい通路席だから)素敵なファンサをくれたりします。


 今回も例によってそうでした。うちわを作るモチベすらなくなって前回作ったうちわを多少改造しただけの使い回しを持っていくというやる気のなさだったのですが、周りにいた人たちが(同厨ですら)悲鳴をあげるほどの神ファンサを目の前で貰って軽く涙が出ました。次の日は埋もれ席だったのにちゃんとうちわの指示通りのファンサを貰って、こうしておたくは自分がオキニだと勘違いしていくんだな()と帰りの電車でにやにやしていました。おたくちょれー。

しかし!!!昨日の公演で見事に干されをくらい、初日あの急激に上がったモチベは現在急降下中でございます。神ファンサからの干されって一番きつくないですか?干されからの神ファンサなら最後に良い思い出が上書きされるからいいけど、干されが上書きされるとかなんの拷問だよ。寧ろ干されると神ファンサは幻だったのかもとか、実は自分に向けてじゃなかったのかもとか思いますよね。だから舞台が終わって数日は、連番した友達にあのファンサは本当に事実だったかを何回も確認する(迷惑オブ迷惑)。時間が経つにつれ本当にそうだったのか不安になるんですよね。よく裁判なんかで証人や被告人が徐々に証言を変えてしまうことがあるけど、こういう感覚なのかなあと思ったりします。やっぱりゆるおたは慎ましくあるべきであって、欲張っちゃあいけなんだな!!ごめんな推しくん&同厨のみんな!!
でも私は友人からポジティブだと言われる性格(馬鹿)なので、推しくんは「ファンサに緩急をつけているんだ」「押して引く作戦をしている」「他の厨にも平等にファンサするなんて優しい」と気持ちの悪い解釈をして、昨日のことはなかったことにしました。ほんとどうしようもない。

 

 

 こんなことがここ数日であったのですが、干された記憶を抹消しただけであってモチベは上がりません。ポジティブなこととモチベの維持力は違う。なんでいつも楽しい気持ちで、公演中ですらモチベを保っていられないんだろう。舞台俳優としての推しくんのお仕事を応援しているだとか綺麗事を言ったところで、ファンサに一喜一憂した時点で結局は彼に対して自己顕示欲を隠せていないし、特別が欲しいと思っている証拠です。ファンサが貰えないだけで「もう推しくんなんて嫌い」ってなる自分が本当に本当に大嫌いだし、それだけでモチベの上下が決まるなんて舞台俳優厨として最低過ぎる。俳優の彼に何を求めているんだって話ですよね。今回は舞台じゃなくてアイドルという形でライブをしているからファンサを求めるのはまあ良いと思ってはいるけど、だからこそ貰えなかった時の落胆は凄まじい。推しくんの行動ひとつでモチベが上下するタイプのおたくでいるのはとても苦痛です。推しくんの行動というより私が自己顕示欲を持ったおたくだからいけないんですけどね。見返りなんて求めないで推しくんを見られるだけでいいっていう菩薩みたいなファンになりたかった。同厨へのファンサにも素直に沸ける綺麗な心と余裕が欲しかった。

 

 

 このまま楽日を迎えたら、9月に控えている舞台の時に私のモチベってどうなっているのでしょう。きっと推しくんはプレを使ったりしてまた私のモチベを上げてくれるのだろう*1けど、こんなモチベの上下を繰り返しながらずっと推し続けるのってしんどいなあと結構前から思い続けています。前の推しもしんどい時は山ほどあったけど、学習しないおたくなのできっと都合の悪いことはほとんど忘れているんだと思います。あとテニミュ卒業した後ストプレばっかりだった前推しに対して今の推しくんは2.5多めでたまにアイドルやるのでファンサの機会が多く、即ちモチベの上下する機会も多いんですよね。9月の舞台も悲しいかな2.5なのだけど、正直降りもファンサもない舞台であってほしいと願ってしまいます。でも推しくんがアイドルになるお仕事はもう固定で決まっているので、もちろん今回だけじゃなくて以前にも何回かやっているし、たぶん降板したり運営が制作を止めない限り今後も続くから逃げられない運命にあります。

 

 

 段々とファンサって文字がゲシュタルト崩壊してきましたが、とにかくしんどくないある一定のラインから下がらないモチベが欲しいです。そこから上がったら最高に楽しいだけだし、たとえ下がってもしんどくないラインまでなら持ち直せる。ま、所詮は推しくんも私も人間だから理屈でどうこうできるものじゃないのがまた辛いところですね。全通して良席入っててもファンサを貰えない時は低確率でもあると思うのですが、りあこの方含めそういう時ってどうやってモチベや正気を保っているのかとても気になるので心当たりある方は是非教えて下さい。

*1:もちろん推しくんは私のモチベなんて知る由もない

二次と俳優の推しの現場が被りました。

 どうしても譲れない去年から心待ちにしていた2.5の舞台と、推しのイベントがドンピシャで被りました。

 

 私が二次元において一番お金を掛けてきたであろう推しキャラが満を持して2.5舞台に登場します。チケットは本当に取れない。一人一枚しか申し込めないにも関わらず取れない。ここまで書いたら何の舞台かピンとくる方もいるかと思いますが、まぁその舞台のチケットが良席で当選して大歓喜してから数週間。どんなうちわにしようか、ネイルの色はどうしようか、わくわくしていた矢先に俳優の推しくんがTwitterで言い放つ。

 

「○月○日○時にイベントやります! ぜひ来てください!」

 

ちょ待てよ!!!!!!!!!!
時間も一緒とかそんなピンポイントで被ることある????平日だよ???キ○タクもびっくりだよ???それに推しくんあなたその時期出演舞台が終わった直後でしょ??休養しなよ!!そんな過密スケにする事務所許せない!!!!(八つ当たり)
いやまぁね、ファンイベントじゃないのがまだ救いだけど、たった一日のイベントに行けないとか茶の間みたいでしんどすぎます。

 


 2.5舞台の方は交換って手もあるけど、本人確認云々でいろいろと面倒だし、一人一枚申し込みにも関わらず奇跡的に友達も同じ公演に当選しているので、お互いが同じ幸福度を得られる同等席の交換に巡り合える可能性も高くありません。同等席と交換できなかったら意味ない。譲渡なんてもっての外。どうしても推しキャラに現実世界で会いたい。

 

 一年半ほど前に、とある2.5舞台で二次元(別ジャンル)の推しが存在していたとあまりにも感動して泣き崩れた経験をしたこともあって、今回のこの2.5はとにかく楽しみで楽しみで仕方ないものでした。二次元に推しは数人いますが、正直今まで2.5として舞台化された私の推しキャラは推しであって推しじゃありませんでした。私の理想には一歩届かない、私とは解釈の違う別世界に存在しているキャラだと思うことがほとんどで、否定するわけではないし楽しいのだけどもう一度その舞台を推しキャラを求めて見たいかと言われたらNOと答えるものばかり。というより、そもそも次元が違うのだから(顔も声も世界も同じなはずがない)とどこか冷めた感覚で原作と舞台を切り離して2.5を今まで観劇してきたので、きっと一年半前に泣き崩れる前の私ならなんの迷いもなく今回の舞台は譲渡か交換に出していたと思います。
しかし今回の舞台は私の二次元における最推しのキャラが登場する上に、ビジュアルは文句の付けどころがないくらいにぴったり。一年半前のあの舞台を経験した私に死角はない!!(テニミュ全国立海でサムライドライブを打ち返す際の幸村風)
つまり何が言いたいかというとまた別ジャンルの推しキャラが存在してくれているのではないかという期待が大きいのです。
推しキャラに会いたいだけならクソ席でも買って入れよと言われたらそれまでですが、アイドルものなのでどうしても彼からファンサをもらいたいという気持ちの上で、手持ちの通路の良席に入ることは捨てられません。

 

 更にこの舞台では前述した通り入場の際チケットの本人確認の可能性があります。今までそうアナウンスして本人確認を実行した舞台なんて私が行った中では一つとしてなかったので、あってないようなルールとして当たり前になっていてこの舞台も例外ではないと思っていたのですよ。あの某舞台の転売対策事件があるまでは。まだ記憶に新しいですよね。傷が癒えていない方もたくさんいるかと思います。あの転売対策(だったのか今となっては様々な議論があって答えが出ませんが)事件によって、おたくは映画や漫画でよくあるもうずっと使われていなかった最強機関が再始動した時のような、運営の本人確認という脅威に成す術がないことを思い知ったわけです。

 

「ーーその日、人類は思い出した。奴らに支配されていた恐怖を。鳥籠に囚われていた屈辱を……」(『進撃の巨人』第一巻より)

 

まさにこれです。さすがにあの事件の後となってはおたく同士もピリピリした状態で譲渡交換しているし、今は警戒しないと痛い目見るのは自分です。一番お金をかけた推しキャラに会えるかもしれない舞台に良席で当選したのに、まさか入れないなどという悲劇が起こらないためにも、とにかくこの日この時間この公演に入らなければなりません。
やたら仰々しい上に長いこと書きましたが、つまりいろいろな事情が重なってチケットを手放すことができないので、私は推しくんのイベントを諦めるしかないということです。神様あんまりです。

 


 二次元の最推しと俳優の推しの現場がかぶった時、おたくはどうするのが正解なのでしょうか。今まで俳優の2推しや3推しなど作らずに本命だけで生きてきて、推しくんが分裂しない限り現場がかぶるなんてこと絶対なかった(というかあり得なかった)のに、まさか二次と俳優でこんな究極の二択迫られるとは思いませんでした。
こういう些細なことでメンタルやられて「もういい推しくん降りる!!!」「悩むことなくて平和でしょ!!!」と喚くので本当に私みたいなおたくってめんどくせーなと思います。しかも降りないし。やたら図太い。

今回行けない分プレとかいつもより多く渡すね推しくん!!

プレゼントの話

おたくに関する話題というのは尽きないですね!そしてとても楽しい(笑)

わたしも答えていきたいと思います〜!

 

 

推しさんの年齢(年代)


20歳

 

 

 

プレゼントをあげる頻度


 舞台の初日と楽日です。 直接渡せる時は中日でもなんでもない日でもあげる。

 

 

 

プレゼントの予算(最低額・最高額も気になる)


最低が約3000円くらい
最高はたぶん5万くらい

 

 今の推しへ初めてのプレゼントは3000円程でした。推すかどうかがっつり決めてなかった時なので完全な様子見です。使ってくれたかどうかちょっと判定が難しい写真を見たのですが、その後無事に推すことに決めたので今は平均1万台のプレを贈ります。

 

 

 

プレゼント選びのポイント

 

 服は彼のファッションが私の好みではないので、とにかく彼に似合うかどうかショップ店員さんに聞きます()お洒落だなとは思うけど、5歳も年下の男の子が着る服とかわっかんない!彼が着ている服のブランドも見ただけじゃわからないので、アパレルに努めている友達に聞いて、そのブランドのショップにひたすら通う。
若手俳優ってみんな黒ずくめファッション大好きじゃないですか。私の推しくんも例外ではないので、白と黒だったら高確率で黒を選んで買います。

 

 

 

よく利用する店やサイト、ブランド(差し支えなければ)


 昔はHAREをよく利用していました(前推しがHARE大好きマンだった)。今の推しくんにはあんまり服はあげません。帽子が大好きなようなので、主に帽子あげてます。
ただ次回のプレは服を考えているので、STUDIOUSかLui's、アーバンリサーチ、キャスパージョンあたりが候補です。

 

 帽子ならニューエラSTUSSYCA4LA、Stampd LAかな。帽子ならあんまり外れはないと思っているので選ぶのに困りません。選んでる時間がない時はブランドだけ決めて、店で最新作ください!って値段も見ずに買う。

 

 

 

今まであげたプレゼント


服、帽子、スタバカード、トリートメント、ひんやりグッズ、マスク、カイロ、入浴剤、キャラ物のフェイシャルパック(ラスカルとかみんなつけてて可愛いよね)、推しの役のグッズ etc...

 

 応援スタンスでも書いたけど頻繁にハイブラあげられるほどお金に余裕ないので、初日か楽日どちらかでハイブラをあげてもう一方の日は消耗品をあげます。消耗品って使ってくれてるかどうかわからないからあげる側としてはあんまり楽しくない。でも消耗品は本人が買う頻度も高くなるわけだから、せめてその分はオタクが賄うことで負担を減らしてあげたいという気味の悪い感情で推しに押し付けてます。結局は自己満足ですね。
マスクとかキャラのグッズとかかなり安いものは高いプレに添えてます。グッズだけもらっても嬉しいのかなっていつも疑問なので。


 家電をあげてみたいのだけど、推しは実家暮らしなので何あげればいいのかさっぱりわからない。一人暮らしなら掃除機でも炊飯器でもコーヒーメーカーでもあげられるけど、実家だとお母様にプレゼントしてるようなものだよね(笑)加湿器とかポータブルのDVDプレーヤーがいいのかなあ。

 

 

 

喜ばれたもの


 彼の好きなブランドの帽子はとにかく喜んでくれます。あげてから使用までの期間が 短すぎて笑う。

 

 前の推しはとある服1着相当気に入ったものだったのか、ほぼ毎日のように着てくれていた時がありました。着る服ないのかなって心配されちゃうからやめて!てなった。

 

 


失敗した経験


 前の推しの誕生日に、事務所に送ったプレだけ使用してもらえなかった時はかなり落ち込みました。舞台がある時にプレをあげる習慣しかなかったのですが、誕生日付近は舞台がなくて初めて事務所に送ったんですよ。誕生日だからもちろんいつもより奮発して買ったのに、あげたプレは絶対使ってくれていた推しがそれだけは使ってくれない。毎日のように推しが写る写真を血眼で探して、でも一ヶ月経っても使ってくれたとわかる写真は更新される気配がなくて、その時に二度と事務所にプレは送らないと誓いました。結局その後舞台のプレボに入れたプレは全部使ってくれたから、事務所にきちんと届いてなかったか何かの問題があって弾かれたのかなと思っています。

 

 金額が高すぎると弾く事務所もあるしね。大手の事務所なのでそういうところきちんとしてたのかな…。ちゃんとした事務所で良かったね!(ドM)

 

 

 

 私のような失敗をしないためにも、最初のうちに推しくんに事務所NGなものを聞いた方が無難です。金券類NGって事務所もあるしね。大正義スタバカードが通用しないとかしんどすぎる。友達が地道に推しに金券をプレしてきたのにかなり後になって本人に届いてないって言われて、かなりショック受けてるのを見ていたたまれなくなりました。でもだぶん俳優本人も細かいルールはわかってないんじゃないかと思う。その子の推しくんも「えっ! そうなの届いてないよ〜!(泣)」って驚いてたので。だって本人が受け取る前に事務所チェックで抜かれてたら知る由もないよね。今の推しには最初に食べ物以外なら大丈夫なことを本人に直接聞いたけど、推しくん知らないだけでもっとNGなもの細分化されてるんじゃないのかな~!マネに聞くしかね~!!